節約生活日記

フリーエンジニアの、仕事&子育て&節約生活などを綴っています!

 TOPへ

節約生活 見落としがちなhtml5での不要なmetaタグ削除

2013.10.21 Monday

最近、スマホやタブレット対応のサイト制作において、HTML5+css3でコーディングすることが増えてきた。

今後、新しいタイプのデバイスの登場に備えて、既存の運営サイトもできるだけHTML5にバージョンアップしておきたい。

HTML5への移行にあたって、まず何をするか?それはもちろん、ドキュメント宣言と「head」内の最適化!

HTML5では、ドキュメント宣言と「head」内の主な記述をかなり省略して記述することができるようになった。「head」内を、スッキリ最適化しておくことは、SEO的にも重要なことなので、まずはそこから始めてみよう。

というわけで、今回は「HTML5」のドキュメント宣言から、「head」までの最適化で見落としがちな点をまとめてみた!

.疋ュメント宣言
これはもうおなじみだが、HTML5ではドキュメント宣言を大幅に短縮できる。

従来↓

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">

HTML5↓

<!DOCTYPE html>


◆html」タグ要素のlang属性
「HTML 4.01」等で使用できていた「ja-JP」の言語要素が有効でなくなった。

HTML5では×

<html lang="ja-JP">


<html lang="ja">


METAの「HTTP-EQUIV」の属性値
HTTP-EQUIV の属性値として「Content-Style-Type」や「Content-Script-Type」という表現が使用不可なった。
というか、HTML5では基準となるスタイルやスクリプト言語を指定する必要がなくなったので、以下の項目はそのまま省略できる。

HTML5では不要↓

<META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<META http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">


ひとまずこんなところ、これをやるだけでヘッダーがずいぶんスッキリして気持ちい良い。クローラビリティ向上のためにも是非HTML5への移行を試してみよう!



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

<< iphoneアプリ 動物タワーで新記録! ←前|次→クイズ100.net リリース! >>


人気の節約コンテンツ by ミャア先生の節約マニュアル
生活の知恵節約生活の知恵!
簡単節約術節約術で節約!!
買い物の節約買い物で節約!!
副収入お手軽副収入!!
節約リフォームリフォームで節約!!
一人暮らし一人暮らしの節約!!
節約グッズグッズで節約!!
水道代の節約水道代の節約術!
電気代の節約電気代の節約術!
ガス代の節約ガス代の節約術!
生活の知恵電話代の節約術!
生活の知恵諸経費の節約術!
生活の知恵食費の節約術!
生活の知恵冷暖房の節約術!
生活の知恵自動車の節約術!
節約生活プロフィール

管理人:ミャア先生

このブログは、節約生活の色々な出来事を日記で紹介するはずでしたが・・・最近は単なる管理人ブログと化しています。タイトルに釣られてやって来た人は、なるべく過去の記事を読んでみてください(笑)たまに真面目な記事も書いてます。




節約生活最近のコメント

節約生活最近のトラックバック